« 地域若者チャレンジ大賞開催しました! | トップページ | 高知・嶺北で14件20名のインターンプロジェクトが進行中 »

地元野菜を幼稚園給食や弁当事業へ!新潟の総合フードサービスで学生が事業立ち上げの一躍を担った

新潟にある、株式会社総合フードサービスでインターンをしていた新潟大学の宮沢君が、地元野菜を幼稚園給食や弁当事業へ使用する事業を立ち上げて、月商200万円の流通を生み出しました。宮沢君は農家の信頼関係づくり、農家を回っての野菜集め、伝票整理、値決めまで、すべてをほぼ一人で担当。

8月でインターンを終了した彼は、インターンや飲食店でのバイトを通じて、将来は飲食店経営をしたいとの強い想いが芽生えました。現在では、道(TAO)という県内で4店舗を経営する飲食店で、2度目のインターンを実施しており、社長の右腕として店舗マネジメントなどを行っています。

また、総合フードサービスの新しいインターン生2名にも、先輩としてアドバイザー的に関わるなど繋がりを続けています。

★宮沢君のインターン当初のインタビューはこちら

★新潟には他にも魅力的なインターンプロジェクトがたくさんあります!詳細はこちら

P10100131

|

« 地域若者チャレンジ大賞開催しました! | トップページ | 高知・嶺北で14件20名のインターンプロジェクトが進行中 »

最新レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59614/42881945

この記事へのトラックバック一覧です: 地元野菜を幼稚園給食や弁当事業へ!新潟の総合フードサービスで学生が事業立ち上げの一躍を担った:

« 地域若者チャレンジ大賞開催しました! | トップページ | 高知・嶺北で14件20名のインターンプロジェクトが進行中 »